第1回「取引適正化推進のための説明会」開催報告

去る8月30日には第1回「取引適正化推進のための説明会」を東京有明にて開催いたしました。

募集人数を上回る65名の参加者は、法令や繊維業界サプライチェーン全体の取引適正化に向けた取組について耳を傾けました。

緒方延泰弁護士は、下請法は独禁法における「優越的地位の濫用規制」を補完する法律として制定され、親事業者の自発的な取り組みを促す仕組みであると説明されました。また、親事業者の11の禁止行為など事例を交えて解説しました。

本年3月に日本繊維産業連盟とSCM推進協議会は連名で「取引ガイドライン」に基づいた取引適正化の取り組みを一層進めるべく「自主行動計画」を策定・公表しました。これを踏まえ、当協議会阿部より、「自主行動計画」の内容と、「取引ガイドライン」の関連性について説明がありました。

当協議会では、経済産業省委託事業にて「下請法違反事例」「取引ガイドライン」「繊維産業の自主行動計画」等についての説明会を全国50ヶ所にて開催予定しています。